スポンサーリンク

食事で目の下の改善

セルフケア

マスクをすることが多くなり、益々強調される目元!

気になりながらもどうしたらいいかわからない!

スポンサーリンク

食べ物でたるみ改善法

1:バナナを食べる

体内の錆を抑えしわ・たるみを改善する(抗酸化物質もある)

2:ほうれんそうを食べる

血行促進効果・抗酸化作用もあり、ビタミンEによる

血管を健康に保つ・血中のLDLコレステロールの酸化を抑制し

赤血球の破壊を防いだりする作用・細胞の酸化を防ぐため、老化防止にも効果があります。

3:納豆を食べる(大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きがある

肌のうるおいやハリを保ち、美しさを保つ

メラニンの生成を抑える効果がある

食事による効果はもちろん・セルフケアで目の下の眼輪筋を鍛え

血行をよくすることも大切です

スポンサーリンク

表筋を鍛えることで小顔・まぶた・目の下のたるみ改善

表情筋にはおよそ50もの種類が存在しています

目元の表情筋を鍛えればまぶたのたるみや目の下のたるみを解消し、目を大きくぱっちり見せることができます

元の表情筋は年齢とともに衰える以外に

長時間にわたるパソコンやスマホの使用でも衰えます

多くの人はまぶたを開けるときに目元ではなくおでこの筋肉を使用しているため

目元の筋肉が使われなくなり老化の原因に!

スポンサーリンク

眼輪筋の鍛え方

  1. おでこにシワが寄らないよう、両手で覆った状態にしてしっかり抑えましょう
  2. 手を少し外側に引くイメージで眼輪筋の力だけを使い、眼球を外側へ押し出すように目を大きく見開きます。
  3. この動作を5〜10回行う
  4. おでこにシワを寄せないように、両手で覆うようにしっかり抑えて眼輪筋をだけを使い、5秒間目を細める
  5. 眼輪筋のみを使い、目を大きく見開いたら5秒間キープします。
  6. この動作を3回ほど繰り返す

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました