スポンサーリンク

美肌は内側から🍇🥑🌿

セルフケア
スポンサーリンク

酸化を防ぐ食べ物

抗酸化物質が多く含まれる食材を意識してとる事で

アンチエイジング効果があります

ベリー類

ポリフェノール腸内細菌のバランスを整える

腸内細菌に分解され健康に役立つ物質を作る

アボカド🥑🥑🥑肌質の改善が期待・健康 ダイエット効果もある

オレイン酸(脂肪の質が良い)が含まれているアンチエイジング・栄養価が高い

ケール

βカロテン・ルテイン・ビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれる

スポンサーリンク

老化が気になりだす

至ところに不調やシミ・たるみ・しわ・白髪・薄毛・様々な悩みが年齢を増すごとに

増えていく😒

肝斑?シミ?

最近ではマスク生活も長くなっているせいで

マスクのつけ外しなどの肌への摩擦でシミ・肝斑などを悪化させている人が増えています

ミーもマスク生活になってから頬骨周辺に肝斑らしきものが出現😨😨😨

スポンサーリンク

肝斑の見た目の特徴

肝斑の大きな特徴は左右対称にほぼ同じ形大きさで現れる

特にほほ骨のあたりに現れ広い範囲に輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がる

額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもある

スポンサーリンク

シミの種類

1:老人性色素班 茶色い平坦な輪郭のはっきりした色素斑

2:脂漏性角化症(老人性のイボ)イボのように盛り上がって出てくるシミ

3:肝班 子供のころからみられる

30~40歳代が多い 髪の毛の生えぎわや眉毛のまわり、目の周りには肝斑はできないので、その部分が白くぬけたように見えることがあります。

境界のはっきりしないシミで、左右対称性にでます

4:ソバカス 雀卵斑(ソバカス)褐色の小色素斑が、顔面などの露出部に多発します(紫外線により夏に増殖冬に軽減する)

5:ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)根が深く、シミというよりアザに近いもので、両頬上部に左右対称に出た灰色や青みがかった茶褐色のシミです

6:炎症性色素沈着 ニキビや吹き出物のあとや傷あとなどが茶色くシミになって残ったものです

スポンサーリンク

肝斑を悪化させる原因

1:女性ホルモン

2:紫外線

3:乾燥

4:摩擦

5:ストレス

肌に塗る美白剤としては、アルブチン、エラグ酸、コウジ酸、プラサンタエキスなどいろいろありますが、最も強力な美白作用を示すのがハイドロキノンです。ハイドロキノンは濃度が高くなると肌への刺激が強くなるので、当院では刺激の少ない5%のものを使用していま

ケミカルピーリングにより、古い角質を除去することで肌のターンオーバーが促進し、表皮中のメラニンの量を減少させる効果があります。しかし、やりすぎてしまうと、かえってバリア機能が破壊され肝斑が悪化することがあるので、ピーリング剤の種類や濃度、治療間隔

皮膚には強力なバリア機能があり、皮膚の表面に美白剤を塗っただけではなかなか効率よく浸透しません。そこで、電気の力や超音波の作用を利用して、強制的に美白成分を皮膚内部に浸透させる治療が、イオン導入と超音波導入です。当院では、特に肝斑に効果のあるトラネキサム酸やビタミンCをこの方法で導入しています。

シミができる原因

紫外線や加齢による色素細胞の増殖で、主に表皮細胞中のメラノサイトが、紫外線刺激でメラニン色素が増加沈着してシミになります。若い頃は新陳代謝でメラニン色素が減りますが、中年以後になると新陳代謝が悪くなってメラニン色素が沈着しやすくなり、シミが増えるのです。紫外線以外の原因としては、精神的ストレス、内臓障害、内分泌の失調、体質や食生活などがあります。

  • 精神的ストレスストレスによって、脳下垂体から分泌されるメラニン細胞刺激ホルモンが影響し、メラニン色素の増加を促進するといわれています。
  • 内臓障害副腎機能不全の病気、疾患がシミの原因であるメラニン色素の増加を促進するといわれています。
  • 内分泌の失調女性ホルモンはメラノサイトを刺激し、メラニンを増加させると言われています。肝斑は、ホルモンとの関連が指摘されていま女性ホルモンはメラノサイトを刺激し、メラニン色素を増加させるといわれています。肝斑はホルモンとの関連が指摘されていますが、スキンケアの問題、特にこすりすぎなどが原因という説もあります。
  • 体質や食生活

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました