簡単!豆腐レシピで美肌活

Uncategorized

皆さん、毎日のご飯のメニューどうしてますか?

ミーは毎日何を作っていいか悩んでいます

困った時のお豆腐レシピを紹介します

スポンサーリンク

豆乳坦々スープ

材料2人分

(辛みそ)

豚ヒレ肉 50g

にんにく 半片

ショウガ 半片

酒 小さじ1

豆板醬 小さじ半分

ラカントs顆粒小さじ半分

オリーブ油 大さじ1

(豆乳坦々スープ)

シイタケ1枚

たけのこ 30g

水 300ml

練りごま 大さじ1

大豆もやし 30g

無調整豆乳 200ml

鶏ガラだし(顆粒) 小さじ2

カイワレ大根 10g

スポンサーリンク

作り方

1:豚肉を細かくきり、にんにくとショウガはみじん切りにする

2:フライパンにオリーブ油をひき、にんにくとショウガを入れ弱火にかけ、香りがでたら豚肉を加え中火で炒める

3:酒、豆板醬、ラカントsを混ぜ2を加え汁気がなくなるまで炒める

 

スープ

1:しいたけは薄切りにし、たけのこは千切りにします

2:鍋に水を入れ沸騰させ1と練りごまを加え人に立ちさせ大豆もやしを加え具が柔らかくなるまでにたてる

3:豆乳・鶏ガラ出しを加え沸騰直前に火を止める

4:器に入れスープの上に肉みそとカイワレを乗せる

自宅でできるライザップレシピ(引用)


大豆に含まれる成分

リノール酸

豆腐のタンパク質は血中コレステロールを低下させ、さらに血圧上昇抑制します

豆腐の脂質に含まれるリノール酸は血管に付着するコレステロールを除去する善玉コレステロールを増やす作用があります

高血圧・動脈硬化・脳出血・心筋梗塞・狭心症予防に効果的

レシチン・βコングリシニン

レシチンは大豆に含まれる物質で強い乳化作用により血管に付着したコレステロールを溶かし血流をよくする

動脈硬化・脳出血などに効果的

また、脂肪代謝機能により肝臓中の脂肪分を減らし脂肪肝予防にもなる

レシチン・コリン

脳の活性化の効果的的なため記憶力を高め、脳の老化・ボケ予防にも効果的

スポンサーリンク

豆腐のビタミン

☆大豆に含まれるビタミンE ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシンを含む

Eは血行作用 肩こり、美肌 腰痛効果があるほか活性酸素や脂肪の酸化抑制がんや成人病予防

ナイアシン皮膚や胃腸健全効果がある

イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があり、更年期などの女性ホルモンの減少による症状の効果が期待されている

骨粗鬆症・がん・動脈硬化予防に効果的

サポニン

脂肪の蓄積を防ぐ、酸化を防ぎ老化防止・血栓予防・

活性酸素の抑制により、成人病・老化防止

トリプシンインヒビタ

インシュリン分泌盛んにし糖尿病の治療や予防に期待されてにし

オリゴ糖

腸内善玉菌・ビフィズス菌を増増やす

美容にも健康にもいい大豆をとるといいことずし😁

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました