スポンサーリンク

自力で治せる目の下のたるみ

セルフケア

眼窩脂肪とは。。。重力で下がる

眼球が下がることで脂肪が押し出されることで目の下がたるむ😅

眼球を支えている靭帯が加齢により緩み落ちると眼窩が圧迫され前に出る

皮膚の真皮が薄くなり、加齢と共に筋肉も弱くなる

目の周りに眼輪筋を強くすることでスットッパーになり眼窩脂肪が前に出るのをふせぐ

セルフケアをするときはしっかり化粧水などで保湿し、皮膚の摩擦を防防ぎましょう

スポンサーリンク

目の下の部分を鍛える

下瞼を上にあげるイメージで(まぶしい顔をする)

上瞼やおでこは動かないように意識する

目の下の部分だけ動かす(約1分)

頬が下がることでさらに目の下のたるみも強調される

注意

皮膚を引っ張らない!

皮膚に摩擦を与えない!

スポンサーリンク

頬の筋肉の鍛え方

頬を目の下にくっつけるイメージで頬をあげる(約1分)

注意!

笑顔で頬をあげるときは食いしばらない!横に引っ張らない!

口角を上にあげるイメージで

あいうえおと口を大きく開けてゆっくり

口角をあげてあ・い・う・え・お

しばらくすると顔にだるさを感じたりポカポカしてきます

慣れるまで動かしにくく感じるかもしれません

続ける事でできるようになります

フェイスラインよりも効果が感じられるのは遅いかもしれませんが

長い目で見て続けましょう

3から6カ月ほどで、人の目から見て効果が感じられ、痩せた?若返った?ツヤが出た!

などの変化を言われるようになります

自分でも顔がスッキリした!

ツヤが出て化粧のノリが違うなどの変化を感じられるようになります

スポンサーリンク

まとめ

30代くらいから

加齢による変化を感じてくることがある

老化現象で終わらすか?それとも抗るか?

人によって違いますが、綺麗に年を取りたいのは老若男女同じではないでしょうか?

皮膚の乾燥も日焼けによるシミそばかすも、手や足背中あらゆるところにほくろが

増えたり手や顔がしわだらけなのも、確かに年輪なのです

老化は誰にも止めることができないけれど、遅らせる事は出来ます

そして自分次第で自分なりに自力でケアできる範囲があります

スポンサーリンク

あきらめないで

もう年だからとあきらめてしまう前に

今日一日頑張った自分に少しの手間でセルフケアしてあげて!

老化防止に紫外線ケアで365日日焼け止めするだけで老化を防ぎましょう


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました