スポンサーリンク

肌力を育成しよう

セルフケア

今の時期特に花粉症に悩まされてる方も多いのでは?

ミーもその一人です😅

しかも年中体がかゆかったり、ニキビのように肌荒れを起こしがち😅

乾燥したり肌トラブルがあると、ついつい補いたくなります😙

状態によってはかえって補うことが原因になることもあります

ケアを省いて肌をやすめることも大切です

お肌の状態を知りましょう

スポンサーリンク

乾燥肌(乾燥・かゆみ・湿疹が出る)場合

乾燥肌と言っても、空気の乾燥や睡眠不足要因

やアレルギー体質による乾燥もあります

アレルギー体質の人は

角質は乾燥し皮膚バリアが壊れはじめると、今まで使っていた化粧品や食べ物などにより

複数の疾患になりやすいと言われています

隠れた要因にこむぎ・そば・たまご・牛乳・(食物アレルギー)

スギ・ヒノキ・ヨモギ・雑草などの花粉アレルギーなど。。。

1:皮膚も含め部屋も保湿する

2:アレルギー物質の特定して避ける

 食用油はアマニ油・えごま油・青魚の脂

 マヨネーズ・リノール酸を含むサラダ油を避ける

スポンサーリンク

口周りのにきび・ツヤがない・かさつく場合

口周りにできものができる場合、胃腸にかかるストレスが原因といわれ、暴飲暴食・便秘など

肌の透明感がなくなり肌荒れ・ニキビなどできやすくなります

飲酒や喫煙で肝臓に負担がかかると、かさつき・かゆみ・黄疸もでやすくなります

3:胃腸をやすめる 食べ過ぎや体を冷やすものを避ける 乳酸菌などの発酵食品をと

胃腸を整える(便秘・下痢の改善)

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみや開き・にこび・べたつきの場合

肌には10種類ほどの常在菌が住んでいます

常在菌は善玉・悪玉菌互いのバランスを保つ(肌フローラ)を作っています

バランスが崩れると悪玉菌が増えニキビやべたつき・毛穴が開く原因になります

 肌断食

水だけで洗顔しスキンケアはしない(3日程度)

ノーメイクにする

補うものはワセリン・スクワラン使用

肌のキメとは角質層が厚みを持ちサイズの揃った細胞が整う状態

洗顔やセルフケアでの摩擦が過ぎると、角質層が薄くなり肌を傷つけてしまいます

肌は守ろうと皮脂分泌を活発にするので部分的にオイリーになったり毛穴が開いたり皮膚が弱った状態

になります(洗顔後ピリピリ感がある場合は要注意です)

毛穴の汚れは自然排出されるまで待つ

過度なダイエットや栄養不足・加齢・疲労・にも影響されます

スポンサーリンク

まず落とすケアが大切

汚れが残った状態のまま成分を入れようとしてもうまく動かなくなります

肌の不要な成分を取り除いてからケアしましよう

バリア機能

皮膚には、外界からの異物の侵入や攻撃から体を守り、その一方で体内から水分が蒸散するのを防ぐというバリアの役割があります。この大切な役割を担っているのは、表皮のいちばん外側で外界と接している角層です。具体的には、角層細胞内の「天然保湿因子」が保持する水分と、角層細胞間を埋める細胞間脂質による隙間のない構造と、角層表面の皮脂膜がバリアの役割を果たしていますが肌のバリア機能は、乾燥した外気や、痒みで肌を掻くことで破壊されてしまいます

スキンケアは肌力を維持する手助けになります


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました