スポンサーリンク

目の日焼け対策してる?

Uncategorized

ミーは物心ついた時から色が白いねーって

言われ続けるほど肌が白い

もちろん小さい時から日焼け止めを塗る時代ではなかったため

小・中学校とスポーツもしていたのでそれなりに日焼けもしていた😎😎😎

高校へ上がる頃にはしっかりシミ・ソバカスもあったけれど美白ケアと言う事は頭になかった

しかも

20代では安室ちゃんが流行り🎵🎺綺麗な日焼けが👙

したくて日焼けオイルを塗っていたほど💦

スポンサーリンク

約20年間365日日焼け止め

子育て真っ只中に子供を連れて公園へ連れて行くのに、ヒリヒリ日焼けが嫌で毎日日焼け止めを塗り続けた結果

もともとあるシミこそ消えないけれど色濃く悪化する事なく維持できている😳

外に出かけなくても朝おきたら日焼け止めをして化粧をすることを癖にしていたおかげだと今思います

スポンサーリンク

皮膚への影響

ゆっくりと蓄積し長期的なダメージをもたらす特徴があります

皮加齢による
シワやたるみの原因となります

老化の原因
紫外線による老化8割

・加齢によるもの2割

あります

盲点!目への影響

日焼けとは関係がないように思える目!

肌と同じく紫外線ダメージがあります☢

UV-A紫外線A波の65%は目の中の水晶体を通過し、網膜まで到達します
炎症を引き起こし、UV-B紫外波線B波とともに充血の原因となります

スポンサーリンク

肌と同じように、目に紫外線が入った場合も目はダメージを受けています例えば、角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い目の痛み、充血といった症状が出ることがありますこれを電気性眼炎(雪目)といいますダメージを受け続ければそれは蓄積され、目の細胞を破壊してしまいます目の老化や病気の引き金に。。。💦

白内障は、眼球の中の「水晶体」がにごってくる病気で、進行するにつれ見えにくくなる病気です。
水晶体は、カメラのレンズのようなもので、本来透明で光をよく通すのですが、遺伝や加齢など、色々な影響を受けて少しずつ白くにごっていきます
紫外線も水晶体に影響を与える原因の一つです

スポンサーリンク

UV-A(紫外線A波)

肌の奥まで届く

肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼしますます

UV-B(紫外線B波)

肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になる

波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。
日常生活の中で日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることで軽減されます

ビタミンD生成

紫外線と言ってもにあたることで、いいこともあります!

皮膚ではビタミンDが生成されます。
カルシウムの吸収が促進され、骨や歯の形成などの成長につながります

骨粗しょう症や関節の変形を予防・免疫系への影響にも関係するとされているビタミンDです

紫外線を浴びる程度は両手の平を10分程度でよいので

うまく付き合いましょう

スポンサーリンク

無防備な目

紫外線=目って?感覚がないですよね

何となく目も守らないといけないんでしょ!っていう感じですよね

凄く影響があるんですね

白内障も老化だから仕方ない事だと思っていたけど

防衛次第で老化を遅らせる事もできます

紫外線カットの伊達眼鏡やサングラスもあるので使うといいですね

目は日焼け止め塗れないですからね


合わせて読んでほしい記事

カラコンの怖さ
ファッションのアイテムの一つになっているカラコン!正しく使わないと目が危険にさらされます。眼科で見てもらってから使い方を正しく知り、規定を守らないと目の病気になります。ルールを守っておしゃれしないとコンタクト自体付けられなくなる可能性も…
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました