毛穴の黒ずみ

セルフケア

角栓の酸化による黒ずみメラニン色素の沈着による黒ずみの2種類に分類されます

スポンサーリンク

2種類に分類されます

角栓の酸化による黒ずみ

毛穴に詰まったメイク汚れや古くなった角質、ほこりや皮脂を放置すると、角栓が形成された状態

メラニン色素の沈着による黒ずみ

毛穴の周りの皮膚に炎症が起こり、メラニン色素の生成が活発化した結果として、色素沈着が起こってしまった状態

肌はターンオーバーを繰り返すことで、古い角質が剥がれ新しい角質に生まれ変わります

睡眠不足や偏った食生活しているとターンオーバーのリズムが乱れ、角質が剥がれ落ちずに古い角質が残った状態になります

過剰に分泌された皮脂が混ざり合い角栓ができます

また、毛穴には日々の洗顔やクレンジングで落としきれなかった汚れも詰まっています

詰まり毛穴を放置し、表面が酸化して黒ずんだものが黒ずみ毛穴となります

日々の洗顔で表面を少しずつ落とせていれば良いのですが、洗顔がきちんとできていないと表面が酸化し、結果的に黒ずみます。こうなると角栓は硬くなってしまい、頑固で落ちにくい状態になります💦

乾燥は、角層細胞の重層化を起こすだけでなく、皮膚の保護作用として、過剰に皮脂を分泌させる原因にもなります

様々な要因が重なることで毛穴の黒ずみになります

スポンサーリンク

皮脂の過剰分泌の原因

1:ホルモンバランスの乱れ

2:偏った食生活

脂質や糖分を多く含んだ食べ物を多くとることで皮脂の分泌が多くなる

3:ストレス

4:紫外線や洗顔などの摩擦が原因で色素沈着する

スポンサーリンク

ターンオーバー(肌の代謝サイクル)とは

皮膚は内側から「皮下組織」「真皮」「表皮」の3つに大きく分類されます。

このうちターンオーバーに関係するのは「表皮」の部分です

表皮はさらに内側から基底層 有棘層 顆粒層 角質層に分類されます

表皮を形成するケラチノサイト(角化細胞)が基底層で作られ、皮膚は新しくなります

基底層でケラチノサイトが作られると、前からあった古いケラチノサイトはどんどん上へ上へと押し出されて角質層に移動し垢となってはがれ落ちます

ケラチノサイトが基底層で生まれ、古い細胞が垢として剥がれ落ちるこの流れをターンオーバーと呼びます

ターンオーバーには周期があり、20代の健康な方であれば作られた皮膚がはがれ落ちるまで約28日かかると言われています

加齢によって30~40代だと約45日ほどの日数が必要になります

一般にターンオーバーは28日と言われることが多いですが、ターンオーバーの速度が低下するとなかなか皮膚が生まれ変わらないのでシミやそばかすができやすくなります

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみを取るには

1:毛穴と角栓を温めて緩める

クレンジング前にホットタオルで毛穴と角栓を緩め取れやすい状態にしましょう

2:洗顔料は使用法に記されている適切な量を守る

洗顔料が多いと洗い残しが多くなったり、すすぎに時間がかかったりして肌への負担が大きくなる。

3:洗顔を泡だてて、肌のクッションになるように優しく刺激のないように洗う

手全体を使って優しく洗ったら、素早く洗い流す(できるだけ今の洗顔時間よりも短めを意識する)
4:洗顔後の化粧水と乳液でケアする

化粧水で保湿したら油分で水分が蒸発しないように乳液ケアする

角栓の原因となるメイク汚れや古い角質を除去することが大切


スポンサーリンク

美肌になるために

肌の新陳代謝をよくし、ターンオーバーを整え、摩擦や刺激を避け

保湿をする

角栓の原因となるメイク汚れや古い角質を除去することが大切ですが

酵素入り洗顔は

酵素が水と合わさることで効果を発揮し角栓が除去されやすくなります

洗浄力が強い分肌への刺激も強いので頻繁に使うのは控えましょう

インナードライに気を付ける

  1. 洗浄力が強い洗顔料やクレンジングに注意
  2. 水分と油分が補える基礎化粧品を使う
  3. 刺激が強い化粧品は使わない
  4. 紫外線対策は怠らない
スポンサーリンク

バランスの取れた食事

皮脂の分泌を抑える働きのあるビタミンB2卵や乳製品とビタミンB6を含む食材ささみ肉、さつまいも、バナナを取りバランスよく食べる

スポンサーリンク

黒ずみ毛穴が気になる方は生活習慣を見直そう

1:食生活はかたよっていないか?脂質や糖質をとりすぎていないか?

2:肌に刺激を与えるケアをしていないか?

3:洗顔後の保湿はできているか?

4:365日日焼け止めを塗っているか?

スポンサーリンク

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました