スポンサーリンク

日焼けしてしまったら。。。

基本防御=日焼け防止ですが

日焼け対策はしていても日焼けしてしまったら…

1:冷やす(応急処置)

2:肌の摩擦をさけ優しくケアする

3:低刺激の美白を選ぶ

抗炎症作用がある成分が入ったものを選ぶ

トラネキサム酸・グリチルリチン酸・アラントインetc…

日焼けはやけどと同じなんです

日焼けによりバリア機能低下し水分が失われます💦

ひりひり痛みがあって炎症が強い場合は皮膚科へ行きましょう

スポンサーリンク

炎症を抑え水分を摩擦なしで補う

外からのケア

・乳液は水分と油分のバランスがしっかりしている

・肌の摩擦を避けるため、スプレータイプもいいかもしれません

内側ケア

炎症を抑える作用のあるビタミンA・ビタミンC・ビタミンe・トラネキサム酸などの服用

美白の有効成分が入っているものを選ぶ

ビタミンC・4msk・デクスパンテノール

ミーは日傘をさすのですが、ささない時は10分で真っ赤になり、ひりひりがつらかったです😓

男性は日傘をさすのに抵抗があるかもしれませんが、やけど防止、熱中症予防になります


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MK メラノCC 集中対策マスクMK しっとり 20枚
価格:998円(税込、送料別) (2021/7/17時点)


しっかり水分を摂る事(常温は体を冷やしにくい)

スポンサーリンク

しっかり日焼け止めを塗る事

塗り方

1:分量は500円玉1個分くらい

2:手に出すと無駄に手についてコスパが悪くなる

3:手をグーにした上の部分に出し、顔にハある

 すぐメイクすると、寄れたり、崩れたりしやすい

紫外線だけじゃないブルーライトもカットしましょう

パルミチン酸レチノール

肌の中にある事で光から守ってくれる作用がある

女性
女性

飲む日焼け止めは効果はあるの?

ドクター
ドクター

飲む日焼け止めだけでは効果は不十分です

サポートとして一緒に補うことをお勧めします

日焼けしたくない=光老化を防ぐには

塗る日焼け止めをベースに、飲む日焼け止めはサポートとして使用しましょう

紫外線は老化を促進させてしまう原因になります

目も紫外線の影響により、目の病気や老化を早めてしまう恐れもあります

日焼け止めは対策は、肌も目も頭皮も守る事が大切です

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました