年代別でケの仕方が変わる

セルフケア

ほうれい線のケアも年代によってケアの方法が変わってきます

何故か?

スポンサーリンク

20代のほうれい線の原因は

乾燥による小じわ→保湿ケアにより目立たなく改善することができます

冷えによるむくみ・急激なダイエットによる筋力低下や栄養不足

歯並び・噛み癖・顔癖(表情癖)

生活習慣や日ごろの癖を見直しをすることで改善される

スポンサーリンク

30代のほうれい線は?

皮膚のたるみが原因で(加齢によるたるみが出てくるころ)

コラーゲンやエラスチンの減少や肌を支える繊維細胞の老化によるたるみ

が影響される年代のため

紫外線対策に加えコラーゲンやエラスチンに働きかける成分を含んだケアや

セルフケアで顔の筋肉を鍛え始めるといいでしょう

スポンサーリンク

40代のほうれい線は

加齢による皮膚のたるみが本格化し、肌全体的に機能が低下するため、ほうれい線も深く口元まで気になることも・・・😅

改善ケア方法

肌内部のコラーゲンやエラスチンなどの減少した成分を補い、保湿をしっかり行い

紫外線対策をしっかりする

早く効果を出したくなり、必死になって力が入ってしまいがちは要注意です🈲

肌の圧をかけることでダメージを受け悪化する可能性があるので注意しましょう

スポンサーリンク

簡単簡単口元(口輪筋)の鍛え方

1:500mlのペットボトルの蓋を取り少量の水を入れる

2:歯わつかわず、唇で加え持ち上げる(約10秒キープ)

3:3セット繰り返します

回数よりも毎日継続することが大事になります

表情癖がわからない時は、身近な人に聞いてみてもいいですね

意外と自分ではきずかない癖があるかもしれません


基本ケアの記事はこちら👇

保湿の基本
せっかく毎日保湿ケアしていてもケア方法が間違っていると効果が激変!適量を守り肌に優しく浸透させることでしっかり肌内部まで入って効果が発揮される。今一つ効果が感じられない時はケアの仕方を今一度見直してみましょう。肌が見違えるほど変わります
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました