スポンサーリンク

不調を緩めよう

セルフケア

ミーは凄く緊張しちゃう!

だから体が疲れやすい😅

初めてヨガをした時リラックスが出来なくて苦戦した

ずーっと体が緊張した状態で体がお休みできない

だからどこかしら不調が続いた

食いしばり・歯ぎしり・肩コリ・首コリ・腰痛・痛み三昧で

なんでもかんでもやらなきゃいけないと頑張るから。。。

無呼吸症候群

心身症

過換気症候群で動機・

腰痛からの痺れ

苦痛・ストレスが原因で

自分の意志とは関係なく不調がやってきた😨😨😨

いろんな病院に行ってもどこも悪くない!

そんな方

ミーが体を動かすことを決めてやったりしてわかったこと

筋肉を緩める

リラックスすること

深呼吸してリラックスすること

自分を大事にしよう

スポンサーリンク

肩こり・腰痛・ひざ痛原因は?

多くの原因は筋肉のこわばり

毎日の動作の積み重ねから体の歪み・傾きで起こります

筋肉の特性を生かし抵抗運動で柔らかくします

筋肉は骨と骨をつないで曲げ伸ばしなどの動作をする

スマホや使う道具・利き手の使い方に癖や偏りなどの影響がある

動作のk頼りで筋肉がこわばり影響をうける

スポンサーリンク

緩め方(セルフケア)

体の部位を一定方向にうごかしながら同時に逆方向にも心地よい程度の力をかける

1:皮膚を軽く揺らす

2:脇に手を入れ皮膚を揺らす(脇下のリンパ腋窩の皮膚をを20秒ゆらす

3:前鋸筋(肋骨から肩甲骨についている筋肉)を緩める

左手を右肩に置き右手で(肋骨から肩甲骨内側)前鋸筋の皮膚をゆらす(肋骨にそって動かす20秒)

4:大胸筋(鎖骨・胸骨・肋骨から出ている)

鎖骨の下・胸骨(胸の真ん中辺)皮膚を20秒揺らす

5:僧帽筋を揺らす

右手で左首後ろから鎖骨から肩周辺と肩甲骨へ向かって前後にを揺らす 20秒

 筋肉が緩み軽くなります

スポンサーリンク

隠れ酸欠

なんだか息苦しい!

検査では異常はない場合

悪い姿勢による呼吸の浅さが原因の事が多い

階段を上ると息切れする

仕事で無理をするとすぐ苦しくなる!これらは

日ごろから呼吸が浅くなっていることが原因で起きてるかもしれません。

人は呼吸を通じて空気中の酸素を体内に取り入れ二酸化炭素を排出する

取り入れた酸素は栄養素と結びつき燃焼し活動エネルギーをうみだす

呼吸が浅いと空気が十分はいらず

酸素と二酸化炭素を換気する効率がわるくなり代謝が落ち各臓器の働きが低下し疲れやすくなる

血流も悪くなり肩こりむくみになりやすくなる

今の自分の呼吸に意識してみてください。浅い呼吸していませんか?普段の生活で無意識に浅い呼吸になっています

深呼吸することで自分の身体に意識を向ける事が出来ます 呼吸しよう

横隔膜の上下運動=腹式呼吸

スポンサーリンク

負荷をかけずに筋肉を動かし緩めてあげること

筋肉が固くなって不調が出る

実は

不調もリフトアップも筋肉を緩めると通常の状態になります

ストレス・こり・疲れをとってゼロにもどしましょう

スポンサーリンク

リンパ液

体液には

・血液

・組織液

・リンパ液があります

リンパ液の循環は

血管をでた液体が組織液をへてリンパ管にはいり左鎖骨下静脈で血中に戻ります!逆流しないように弁がある

体循環=血液は心臓につながっている動脈からでてきて、毛細血管を経て静脈へ戻る

毛細血管は隙間があり間から血液の液体成分が染みでること=組織液

組織液が周りにあるリンパ管に入ることでリンパ液に変わる

リンパ管は左鎖骨下静脈につながる

1日立ち仕事をしていると足がむくむのはリンパ液が左鎖骨下静脈にもどらず下半身にたまるためです

閉鎖血管系

心臓から全身を経て心臓に戻る→体循環

心臓から肺をへて心臓に戻る→肺循環

スポンサーリンク

まとめ

血流やリンパ液・体液の流れをよくする・深呼吸により流れを促す

近年スマホの普及により呼吸が浅い人が増えている

呼吸が浅いと不安やストレスを感じやすくなり心身の不調になりやすくなる

猫背や前かがみは肺を圧迫し深呼吸しにくくなる

深呼吸しよう

横隔膜呼吸=胸式呼吸(深呼吸することで横隔膜を動かそう)

腹式呼吸(横隔膜を上下に動かし呼吸する)

1:胸郭(胸部の外郭をつくるかご状の骨格)を広げよう

2:両手を広げて鼻から息を吸い胸を広げ吐きながらおなかをへこます ゆっくり数回繰り返します

筋肉を緩めることと呼吸に意識することで快適に過ごしていきましよう

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました