スポンサーリンク

コラーゲン摂取方法

セルフケア
スポンサーリンク

コラーゲンとは

年齢を重ねるにつれてコラーゲンは減少していきます😥

コラーゲンは体に吸収されにくい🙄

コラーゲンの分子を小さくし消化吸収しやすくした低分子コラーゲンペプチドにより吸収しやすくなる

体を構成しているたんぱく質の3分の1を占めている

肌の土台部である真皮の約70%はコラーゲンが占め潤いを保つ

皮膚・骨・腱・血管に多く存在し健康維持のために欠かせない

 

コラーゲンは体に必要な三大栄養素の中のタンパク質の一種です

 

20代前半までは生成が盛んですが、加齢とともに減少する

でもコラーゲンを沢山取ればきれいになれるのは違います

 

コラーゲンの一日の摂取量の目安は5から10gです🥺

 

スポンサーリンク

コラーゲンの過剰摂取が原因でトラブルが起こる

1:コラーゲンが含まれる食べ物は高脂質なものが多い

2:コラーゲンは胃でアミノ酸に分解されます

 (排出されなかった余分なアミノ酸は脂肪になりセルライトができる原因になる

3:腎臓が弱い人は排尿がうまくいかずむくみや頭痛が出やすくなります

 

コラーゲンを含む食品は沢山ありますが、食品を食べたからと言って、そのまま肌に届くわけではあり

 

ませんが、様々な研究結果 食品などに含まれるコラーゲンの消化により1度アミノ酸に分解され肌の

 

コラーゲンの肌の網目構造が役立ったり、線維芽細胞の働きを助けることは分かっています

 

スポンサーリンク

コラーゲンは摂取方法次第で効果を発揮する

1:適量を守る

2:コラーゲンの働きを助けるビタミンcを一緒に摂取する

(コラーゲンが網目構造を作る際にビタミンcのサポートが必要)

3:緑茶・チーズ・トマト・昆布・卵・鶏肉などと一緒に摂取する

(紫外線を受け壊れた皮膚コラーゲンを再生するプロリンが含まれる食材)

4:就寝前に摂取する

 

美肌とは...

 

人間の肌は層を重ねたような構造になっていて上から

表皮→真皮→皮下組織で構成されている

 

表皮

 

肌の表面にある層で肌のきめに関わってきます

 

表皮の下にある真皮との間にある基底膜という部分から新しい細胞が生まれて

 

どんどん肌表面へと押し上げられていきます→ターンオーバー

 

真皮

 

肌のみずみずしさや、弾力ふっくらと柔らかな手触りに関係し、コラーゲンが網の目のように張り巡ら

 

されたスポンジのような組織で網目の間にヒアルロン酸やエラスチンがあります

 

若い人は網目がしっかりしていてヒアルロン酸が水分をたっぷり抱えコム事ができます

 

年齢を重ねるとコラーゲンやヒアルロン酸の数は徐々に減り、線維芽細胞(ヒアルロン酸・コラーゲン

 

を作り出す)働きも悪くなります

 

線維芽細胞はコラーゲンと結びつくことで、網目を引っ張る役割がありますが、加齢とともに弱まり網

 

目が緩みハリ、しわたるみの原因になります

 

要因はほかにも、紫外線や栄養不足、喫煙などが知られています

 

どうすればハリや弾力の肌を保つことができるのでしょうか?

 

1:紫外線を避ける(ダメージを減らす)

2:減った分を外から補う

 

美は一日にしてならず

紫外線を避け、食生活を工夫し、適量を継続的に失われたコラーゲンを補い本来のコラーゲンを作る力

 

を高め美肌を目指しましょ

 

美味しく手軽にとれるドリンク😍😍😍

 

定期コースもあって美と健康に最高!

 

いつでもお休みや解約もできて便利✌

 



 

 

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました