エイジングケア

セルフケア

1年のうちで紫外線量が高くなるのは3月から9月ですが、10月から2月秋から冬にかけて

紫外線量が凄く減るわけではありません

年間の紫外線量は季節により変動はありますがゼロではありません

日中室内にいたとしても日焼け止めは必ず塗りましょう

紫外線対策をさぼってしまうと、メラニンは肌に蓄積されてくすみやシミの原因になります

紫外線はしわやたるみと言ったエイジングの引き金になります

スポンサーリンク

スマホも肌に影響?

スマホを見ると首が少し前傾になり視線は下になり長時間続けることで首にしわができフェイスライ

ンも緩みがちになります

スマホやパソコン画面から発せられるブルーライトは近赤外線などの光がシミ・くすみの原因になるといわれています

ブルーライトにより目の疲れ、ドライアイ・睡眠障害など影響もあります

スポンサーリンク

当てはまったら?要注意

①メイクを落とさずねてしまう

メイクを落とさずに翌朝ファンでの上塗りすると肌への負担大!

メイクはしっかり落とし、化粧水で保湿し乳液で肌を整えましょう

②タバコを吸う

美肌の天敵はタバコ!と言えます

美と健康のために控えましょう

③不規則な生活をおくりがち

スキンケアはもちろん規則正しい生活を送る事です

美肌は眠っている間に作られます

十分な睡眠と食生活改善で内側と外側ケアしていきましょう

基礎のスキンケアは、肌にしっかり浸透するように容量を守り

コットンで肌を優しくなでるように。。。乳液も同様に行う

スポンサーリンク

お肌の二度目の曲がり角

40代の肌は2度目のお肌の曲がり角になる原因は年齢を重ねることによるこじわ・ハリ不足・シミとい

う複合的な肌の悩みのせいです。

スポンサーリンク

老け顔の3つの原因

年齢を重ねるごとに肌の抵抗力は弱くなり、紫外線の影響を受けやすくなります

肌ダメージを受ける量が増えるとシミそばかすなどの肌悩みが増えてしまいます

また加齢により乾燥による小じわ・ハリ不足・皮膚の硬さなどの悩みは女性ホルモンの1種

エストロゲンの減少で弾力の元(コラーゲン低下も一因

結果肌が薄くなり、乾燥により回復力も下がるため

・フェイスラインのたるみ

・目尻の小じわ

・ほうれい線

この3つの年齢サインにアプローチすることでマイナス10歳も若く見えることが可能

スポンサーリンク

保湿にニベアパック

ニベアの青缶は昔からありますね

若い頃はべたべたするからイヤだなーと思っていたのに

今じゃ必要不可欠!

カサカサのミーにはもってこいということで、巷でやっていたニベアのパックをしてみた

まあーいい感じにしっとり肌に浸透されたのね!という肌に...

一度乾燥が気になる方はおススメ!コスパもいいしね!

パックの仕方

1:クレンジングなどで洗顔する

2:化粧水をたっぷりつける

3:肌が真っ白(バカ殿様みたいに)塗る

4:蒸気にあてる(お風呂の湯船に浸かる)

  むせたら白のクリームから透明になったら洗顔・クレンジングする

5:化粧水・乳液などで整える (コットンでしっかりケアする)

 

保湿の基本合わせて読みたい記事

こちら👇

保湿の基本
せっかく毎日保湿ケアしていてもケア方法が間違っていると効果が激変!適量を守り肌に優しく浸透させることでしっかり肌内部まで入って効果が発揮される。今一つ効果が感じられない時はケアの仕方を今一度見直してみましょう。肌が見違えるほど変わります
人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました